Top > 健康 > 花粉症予防に最適な時期とは?

花粉症予防に最適な時期とは?

一般的に花粉症はアレルギー症状の原因となる植物ごとで分類されており、2月から5月上旬頃に掛けての春先の時期は特に被害が大きくなります。

その原因として日本国内におけるスギ林の面積が挙げられ、比較的広大な割合を占める事から花粉の飛ぶ量が多くなる傾向にあります。

同時にヒノキの花粉は4月と5月がピークとなるので、どちらか片方でも花粉症としての症状が出る人は注意が必要でしょう。

 

花粉症の症状は完全に予防する事が困難である一方で、早期に対策を施していれば発症時期を遅らせ、ピーク時における症状を軽減できる特性を持っています。

まず、アレルゲンとなる花粉を吸い込まない事が最も重要である為、症状が出始める2週間ほど前の段階からマスクやメガネを着用する選択が予防策として効果的と言えるでしょう。

 

花粉症は花粉に触れる機会が多いほど症状も重くなる理由から、症状が出る段階においては既に一定以上の花粉を吸い込んでしまっている事になります。

基本的に量は少ないものの、地域によっては1月の下旬から花粉が飛び始める事もあるので、早い時期から対策しないと間に合わない場合も考えられます。

 

また、服用する薬も同様でアレルギー症状が出る前に服用する事により、予防としての役割を果たすので症状の大幅な軽減が可能となってきます。

花粉症の症状が酷い人は1月もしくは2月の早い時期に予防策を実施し、症状の軽減を目指すのが望ましいと言えるでしょう。オリゴ糖のシロップに効果ないことが多いワケ

健康

関連エントリー
花粉症予防に最適な時期とは?赤ちゃんの便秘で綿棒浣腸しても出ないのはなぜ?妊娠と貧血の対策妊娠中でもお通じスッキリするコツ赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方