Top > 健康 > 妊娠と貧血の対策

妊娠と貧血の対策

母体の心臓は貧血になると負荷がかかり、動悸が起きたり、息切れを感じます。目の前がフラッとしたり、立っていてふらつくこともあります。

 

 

カラダが動かなくて、疲れが激しかったり、青白い顔色になるはずです。

 

 

 

ママが貧血を起こしても、イコール胎児(母体の中で成長中の子をいいます)の発育に問題が起こることはないです。

 

とはいっても、貧血の期間が長期に及ぶと、胎児(母体の中で成長中の子をいいます)が成長していく上で問題となるかも知れませんし、さらに妊婦自身の健康状態も深刻化します。

 

つわりは起きたばかりの空腹により気分が最悪になることもあります。手の届くところに煎餅などおやつを設置しておき、動く前に空腹を抑えるとムカつく状態も幾らかなくなるはずです。

日中も腹減りがつづくのに注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)して頃合いをみて間食するのがお勧めです。そしてフライや刺身は食べられなくても冷んやりしたものや酸っぱい食物は意外に食欲が湧くみたいです。

 

 

 

女性の場合は月経があるので、妊婦でなくとも、貧血気味の人はかなりの数に上ります。

 

妊婦の場合には、30~40%は貧血という診断が出ます。

 

妊婦の場合は赤ちゃんが体内で自分の血液を創ろうと母体から鉄分を得ようとします。

それで母親の鉄分は結果として奪われていきます。こうした状態は鉄欠乏性貧血と付けられています。妊娠して28~31週付近でよくみられます。

 

 

 

集中する何かがあると、つわりが軽減されるかも知れません。勤め人なら、業務に打ち込むことで忘れられるかも知れません。

たとえば、コンサート(演奏会のことです。

 

演奏する音楽のジャンルによっては、ライブということもありますね)に行ったり、まま友とランチに行ったりすれば、その時はつらさも忘れます。

外出することは気持ちの切り替えに役たちます。海辺や高台など眺めの良いスポットで平穏に過ごすと落ち着きます。

 

妊婦さんは便秘に悩むことが多いものです。増加する黄体ホルモンの働きで腸の動きが緩慢になることや、サイズアップする子宮が腸を押さえつけて、本来の働きが難しくなるために起きるみたいです。

 

将来に対しての漠然とした心配など精神的な要素が関係している場合もあります。

活動する時間が減少するのも排便リズムが乱れていく原因かも知れません。

 

妊娠悪阻の症状がひどいなら、胎児(母体の中で成長中の子をいいます)の栄養を心配する段階ではないので、つるんと喉に通る食物を食欲が出てきたタイミングで食べましょう。周りの人もつわりでキツイ人の近くで吐き気につながり沿うなものはどけておくという注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)をしましょう。

 

なぜだか分かりませんが、自身で作った料理より市販のもののほうが食べられることがあります。

嘔吐で苦しい時は、体内の水分が失われるかも知れません。

 

水分を摂るようにして下さい。ごくごく飲むのが無理なら、ちょこちょこ飲んでちょーだい。

 

 

 

グレープフルーツのようなサッパリした味の飲み物ならベターです。

 

赤ちゃんを宿したら前よりも1,2時間は多く寝るようにしてちょーだい。昼間に少し休息をとるといいでしょう。

 

 

 

便秘によってオナカが苦しくなったり、ムカッとしたり、おならが頻繁に出たりします。

 

 

 

取り分け、時期的につわりと便秘の両方に悩まされるとさらに食欲不振になるはずです。

 

 

 

そして、便秘は痔に繋がることも少なくありませんから、排便リズムを改善することが必要です。便秘対策としては、お手洗いを我慢しないことです。

 

時間を決めておいてその時に必ず便所に行くような日課を守るといいでしょう。妊婦 青汁 ノンカフェイン

 

健康

関連エントリー
赤ちゃんの便秘で綿棒浣腸しても出ないのはなぜ?妊娠と貧血の対策妊娠中でもお通じスッキリするコツ赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方