Top > 健康 > 赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方

赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方

赤ちゃんの肌はすべすべでとてもきれいですが、とてもデリケートゆえ何かとトラブルも起きやすいものです。変化に気がついたときはできるだけ早く対応できるよう情報は集めておきたいですね。

 

まず、有名な症状としてはアトピーがあげられますが、これはアレルギーが関係しているといわれていますが、その原因はまだよくわかっていないとされています。

 

ダニが原因しているともされていますし、食べ物が原因になることもあるようで、その子によって原因は違いがあります。

 

生後一ヶ月ぐらいになると頬やおでこに湿疹が出ることもありますが、これは乳児湿疹と呼ばれるものであることが多く、ほとんどの赤ちゃんに起こる症状です。この場合は特別な治療は行われず肌のケアで対応していくこととなります。

 

アトピーとよく混同しがちですが、アトピーの場合は生後4ヶ月ぐらいから起こるとされており、乳児湿疹とは出る時期も違いあるので見分けるポイントとなるでしょう。

 

症状は顔や胸、ひじ、ひざなどに出やすいとされています。関節部分にできたり、耳の付け根がただれて切れるような症状が出ることもあるようです。そして強いかゆみがありますので、かゆくてかいてしまうことでさらに悪化してしまうこととなります。

 

対策としては肌をキレイに保ち、処方された薬をつけていくこととなりますが、食べ物が原因している場合はその原因となっている食べ物を避ける必要もありますので、どんな食べ物が原因になっているかしっかり調べておきましょう。子供用 青汁 おすすめ

 

健康

関連エントリー
妊娠中でもお通じスッキリするコツ赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方