Top > 健康 > ビタミンB群の働きについて

ビタミンB群の働きについて

特定の一種の成分を多く摂りたいときに、食物の場合であれば他にもいろいろなものが入っていますので特定の成分だけが過剰に多くなるということは普通ありません。

逆にサプリメントの場合は決まった成分や栄養素が小さいカプセルや錠剤などに高濃度で入っているため食品よりも過剰摂取になりやすいのです。

 

 

 

コーヒーやお茶などにある独特の苦みや渋みは、ポリフェノールの作用によるものです。

 

 

カテキンは緑茶に多くふくまれていて、ガンの抑制やアレルギーを抑えるのに役たちます。

 

 

 

コーヒーの苦み成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を助けてはたらきを良くしたり、肝硬変などにも効果が期待されていますポリフェノールはココアにもふくまれていて、虫歯の予防効果やストレス解消・ピロリ菌を抑制させるはたらきも有るようです。カリウムには体の中の余った水分を排水するはたらきがあります。ナトリウムが水分を増加させるのに対して、排出するはたらきをするのがカリウムです。

 

塩分や水分の摂取過剰でむくみが発症している時は、カリウムを取り入れると改善します。

 

現代人の食生活では、塩分過多になる傾向があるので、気を付けてカリウムを摂る必要があるのです。

 

ビタミンB群とは8種のビタミンBを総集して呼んでいるもので、合わせて摂取することで効果的に機能する特長があります。

疲れを取るビタミンB1をはじめとして、細胞を活性化させるビタミンB2タンパク質をアミノ酸に変えエネルギーとして使用するビタミンB6、赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)を増やし脳神経を正常に働かせるビタミン(B12など、個々に重要な役割があります。

 

女性が注目する健康食品とされるコラーゲンですが、コラーゲンを摂取したいからとたくさん食べても必ずしも健康や肌への効果が有るりゆうではないのです。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、人間を構成する上で大切な成分なのは確かですとはいえ、ただそれを補うことで関節や皮膚が良くなると医学的に解明される根拠は、今のところ有りません。

 

 

ダイエットをしていてカロリーやご飯の量を減らしている人や、栄養のバランスが悪いという方、または以前よりも食が細くなり食べる量が少なくなった高齢者は栄養の成分が充分でなく体の栄養のバランスが崩れている可能性もあります。

そのような場合は栄養補助として、手軽なドリンクタイプの栄養剤で利用すると良いでしょう。

青や紫などの色素の成分となるアントシアニンはブルーベリーやビルベリーなどのベリー系に多くふくまれていて、目などの視覚機能を高めるとされているのです。大豆にふくまれるイソフラボンは特に胚芽部分に多くふくまれていて、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じような作用をもつと言うことです人気です。女性の更年期障害や骨粗しょう症の予防に役立つことから、女性にはとても必要な成分でもあります。

 

「健康食品」とは、法の規制があるりゆうではなく、健康の維持や促進に効く食品として販売・使用されるものすべてを表し、幅広い意味で使用されます。健康食品には健康補助食品や混交飲料、サプリメントなどがあります。

 

サプリメントなどはドラッグストアでよく見かけるので親近感があるかもしれません。朝食 青汁だけ

 

 

健康

関連エントリー
ビタミンB群の働きについて花粉症予防に最適な時期とは?赤ちゃんの便秘で綿棒浣腸しても出ないのはなぜ?妊娠と貧血の対策妊娠中でもお通じスッキリするコツ赤ちゃんのアトピーと乳児湿疹の見分け方