Top > 転職 > 海外で就職する時にどのくらい影響するものか、

海外で就職する時にどのくらい影響するものか、

年齢は、語学力の勉強をする時に気になるものです。日本では、年齢が就職の難しさに密接に関わっていますが、海外で就職する場合は、年齢による有利性や、不利さはあるものなのでしょうか。転職をすることが当たり前というくらい、しょっちゅう転職をする国がアメリカです。転職に対する考え方からすれば日本のほうが少数派なのかもしれませんが、それについては不明です。平均でいうと、アメリカでは一生のうち3回から4回は仕事を変えますし、それ以上の転職を経験する人もいます。日本の転職に対する価値観と比べれば、アメリカはずっと多くの回数の転職回数を経ています。海外での就職に、年齢そのものが及ぼす影響は、日本の転職市場と比較すると、ずっと小さいものだといえるでしょう。年齢と就職に関する関係は、日本では密接すぎるくらい密接で、年齢の問題が重くのしかかってきます。とはいえ、海外の就職は実力主義社会になりますので、年功序列という考え方もなく、何かのきっかけで雇用契約を解除されることもありますので、うかうかしてはいられません。一旦採用が決まれば、そうそう解雇されないことが日本のいいところで、将来的な基盤を固めることもしやすくなります。これが海外企業ならば、自分が会社に有用な人材であることを証明していられなければ、とたんに立場が怪しくなります。会社に貢献できる人材であり続けなければ、雇用関係は続かないということのほうが、年齢よりも、海外の就職では重要です。

サイト移転のお知らせ

http://yukyan.web.fc2.com/health/sikaku00268.html

『ユーキャンでJTTA認定 整体師の資格をとろう!』は下記サイトに移転いたしました。

https://www.yukyan.work/health/sikaku00268.html

転職

関連エントリー
海外で就職する時にどのくらい影響するものか、