Top > 糖尿病 > 糖尿病のご飯の食べ方注意点

糖尿病のご飯の食べ方注意点

糖尿病の食事療法において、1日3食のご飯の取り方が一番肝心です。1回のご飯で大量に食べてしまうと、急に血糖値が高くなってしまいますよね。通常、日本人の食生活は朝食は夕食にくらべて軽い事が多いです。

 

 

30分くらい早起きして、ゆっくりと多品目の朝食を食べることは健康につながります。

 

 

人が活動するにはエネルギーを必要としますが、筋肉を動かすには血糖をエネルギーに変換していますよね。だから運動には血糖値を下げる側面があります。逆に、運動不足になるとエネルギーの消費が少なくなり毎回エネルギーがあまりインスリンの作られる量も増えるため膵臓は疲弊してダウンしてしまいますよね。血糖値を自分でコントロールするのに良いと言われているのは食物繊維です。

 

食物に内包する糖は胃腸で消化され吸収して血液と一緒に流れていきます。

食物繊維が糖の回りにくっついて吸収を引き延ばしたり、排便と一緒に糖も体外へ出すようお手伝いするはたらきがあるため、血糖値の急上昇を防ぎます。脂肪肝が恐ろしいとされているのは、狭心症であったり心筋梗塞などの心臓病、脳梗塞といった血管系の疾患に繋がることがあるからです。

 

 

脂肪肝の主な原因は、運動不足やカロリーの摂りすぎです。

食べすぎや飲みすぎを繰り返し続けると中性脂肪やコレステロールが肝臓に溜まってしまいますよね。特に30代~40代の層に脂肪肝になる人が増えており、この10年間で2倍以上の増加がみられます。

 

お皿を小さめに変えて料理を盛ると、少量であっても満足感を得られやすくなります。

ところが、大きめのお皿に盛りつけると、料理の量が少なく見えてしまうので器選びを工夫してみましょう。食材の調理の際には、できる限り油を使わないようにしましょう。

オーブンでグリルしたり、茹でたり、電子レンジで蒸し料理にしてみるのがオススメです。

 

下肢に起こる代表的な合併症は、血液の循環が悪くなり、体の神経が鈍くなる糖尿病神経障害です。

 

 

糖尿病神経障害が起こることで足に痺れ、違和感が気になったり、ほてり、ふくらはぎの痙攣などの症状を自覚するようになります。また、足の感覚が鈍くなることで、足を怪我しやすくなったり、足がつりる事が増えるようになります。

 

治療の手段の一つであるインスリン注射は膵臓が損傷することで、インスリンがきちんと分泌されなくなっ立ため、体外から注入して血糖値を基準値にもっていくためのでしょう。

 

ですが血糖が改善されることで、膵臓がインスリンを創りやすくなるため、注射する回数や量を減らせたり、のみ薬だけの治療も不可能であるとは言い切れません。

 

 

毎日を活発に過ごすことは糖尿病が改善・予防されることに期待をもつことができます。10分間だけでも体を動かして運動をするようにしましょう。たった10分という短い時間とはいえ、1日のトータルでは軽視できない時間になります。アトはエスカレーターは使わずに階段を使う、目的地の手前で乗り物を降りて、ちょっと多めに歩くといった工夫例もあります。糖尿病の予防サプリについて

糖尿病

関連エントリー
糖尿病のご飯の食べ方注意点